大手チェーン薬局勤務の薬剤師の役割について

チェーン薬局で働く薬剤師の役割とは!?

チェーン薬局で働く薬剤師の役割りは、ただ患者さんが持ってきた処方箋を調剤することだけではありません。病院で患者さんが診察を受ける際にも、体質やアレルギーなどについては十分に確認されたうえで処方箋が出されていますが、場合によってはうっかり見落としてしまうこともあるかもしれません。薬局で調剤業務を行う薬剤師は、病院でおそらく患者さんがすでに聞かれたであろう体質やアレルギーに関する質問や確認をもう一度行うことによって、万が一起きてしまうかもしれない医薬品の事故を未然に防ぐことができます。

病院で診察を受けた患者さんは疲れていることが多いですし、中には不機嫌になっている人も多いものです。そうした環境の中でも患者さんが調剤薬局に足を運ぶことを面倒だと感じることなく、薬剤師との会話の中で調剤に関する必要な情報をヒアリングするためには、患者さんとのコミュニケーション能力も求められます。それだけではありません。次々に開発される新薬についての紹介や説明を行うことも、薬剤師の大切な役割です。開発されて間もない新薬の場合には、特に副作用や影響などが心配されるものです。そうした説明を十分に行い、もし体調が悪くなったり異変が起きた場合にはすぐに知らせてくれるようにお願いすることによって、医薬品の改善や改良にもつながります。薬剤師の役割りは、患者さんと製薬会社との間に立ち、情報の橋渡しをすることもあるのです。

薬剤師は、医師とのコミュニケーションもとても大切です。患者さんの中には自己負担金の少ないジェネリック医薬品を希望する人も多いですし、必要ない薬はできるだけ服用したくないと考える人もたくさんいます。薬剤師の役割りは、そうした患者さんの希望をヒアリングし、患者さんの代理で医師に相談をすることもあります。また、医師の中には薬剤のプロである薬剤師に質問してくる人もいるので、そうした際にも十分に対応できるよう、普段から最新の薬剤知識を身につけていることは薬剤師に求められる職務と言えるでしょう。薬剤師のお仕事は、調剤業務と同じぐらいコミュニケーション能力も大切な仕事となります。

チェーン薬局では複数の店舗を持っていて数年ごとに異動するケースも多いため、どこに行ってもすぐに新しい環境に打ち解けて調剤業務ができる能力やスキルも必要となります。コミュニケーション能力、地域に溶け込む努力や工夫などがあるのとないのとでは、薬剤師としてのキャリアを築くうえでは大きな差が出てくる要素となります。

大手薬局チェーンの薬剤師求人を探すならこのサイト!

対応エリア 全国
料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師申込み
対応エリア 全国
料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師申込み
対応エリア 全国
料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリ申込み